☆当社開発Aタイプスロットの特徴
当社開発Aタイプ機種の瞬間差玉は3000G前後のゲームスパンにおいても
3回前後800枚~1200枚の瞬間差玉をプレイヤーに提供します
当社独自のプログラミング設計は無二の独創的なものであると自負しております。

1.ホールの本音要求にも対応!

(台利益・IN枚数バランス)に対応させたリアルAタイプスロット設計 


2.現実・現場発想のAタイプスロット設計

A:台利益は出玉率設計による影響要因が必ずしも正比例すると限らない。

台利益の確定要因において出玉率設計は40%前後)

B:Aタイプスロット設計においてボーナスウェーブの調整開発設計は、不可能か?

SE担当者による教科書知識だけのシステム設計ではAタイプのボーナスウェーブ調整は困難。しかし、根気強い繊細な複合調整がボーナスウェーブ調整を実現可能にします。

C:有名キャラクター機種しか注目されない。

版権キャラクター署名レベルと販売台数は、必ずしも一致しない。

D:プレイヤーは、液晶画面搭載機種にしか期待しない。

プレイヤーが最も期待するのは、投資返金率

 

3.実射調整開発によるオリジナルA設計

スロット開発設計においての3パターンデータ
(コンピュータシュミレーションデータ・打ち込み機データ・手打ちデータ)を参考に
SE担当者は開発を進行させていきますが、同じ一機種の実射打ち込みテストでもコンピュータ・打ち込み機・手打ちの3パターンは全く別々の違ったデータを算出してしまいます。

それ故に、当社(ジュビレーション)は、手打ち実射データに基づく複合調整に設計開発を行います。

その理由は、現場ホールはお客様プレイヤーの手打ち遊戯だからです。

この異なる3パターンのデータを当社ジュビレーションは手打ち実射データをメインにすることによって
プレイヤーが理想とするスランプウェーブスロットの実機完成まで責任をもって開発しております。